あなたと地域をつなぎ、地域活性化を応援するメディア

SBI ふるさとだより SBI ふるさとだより

現代の暮らしに合う「ちょうどいい」乾物

「今日のご飯は何にしよう?」
献立が決まらない日や買い物に行けない日、強い味方になってくれるのが乾物。
椎茸、大根、干ぴょう、豆、海苔などの乾物があれば、なんとかなるもの。
生鮮食材と違い、「腐らないうちに食べなきゃ」と焦る必要がないので、ストックしておいて損はありません。
そこで今回は、創業80余年、島根県安来市の乾物店【陶山商店】をご紹介します。

目指したのは、現代の暮らしに合う「ちょうどいい」乾物

f:id:sbi_official:20211203164516j:plain

陶山商店は、先々代の陶山勘助が1939年にリヤカーを引いて乾物を売り始めた商売が原点となっています。
先々代から大切に受け継ぐ陶山商店の根っこ。それは「暮らしに根付く商品」を作ることです。
創業から80年以上経った今も、日々の暮らしに根付くような「ちょうどいい」を模索し、提案し続けています。

「味と暮らす」シリーズ

f:id:sbi_official:20211203164559j:plain

「味と暮らす」シリーズでご案内する商品は、決してスペシャルなものではありません。
高価で手の出しにくい、あまりにもこだわりすぎた商品ではなく、かといって安価で品質を落としたものでもありません。
目指したのは、現代の暮らしに合う「ちょうどいい」乾物商品です。
味の好みも出来上がりのカタチも人それぞれ。甘いものが好き、辛いものが好き、さっぱりとした酸味が好き。
暮らしを共にする味に、少し意識して目を向けてみることで、あなたの大好きな味に出合えるかもしれません。

隠岐あらめ細切り

国立公園隠岐の島の海で採れた、栄養価豊富なあらめを細切りにしました。
細切りのため、調理もしやすく、よく味が絡むのが特徴です。

隠岐あらめ細切り

島根椎茸

島根産の原木香信椎茸を手寄りで厳選し詰め合わせました。厚肉でしっかりとした歯ごたえと味の椎茸は料理にも出汁にも用途を選びません。

島根椎茸

割干し大根・頭

市場流通の少ない割干し大根の頭部分です。しっかりとした歯ごたえがあり、寒風さらしで甘みが増した干し大根は、食卓の一品からお酒の肴まで幅広く楽しめ、おすすめです。

割干し大根・頭

煮干し(片口イワシ)

力強いうまみが特徴の通称「背黒鰯(せぐろいわし)」日本で最も漁獲量が多い魚であり、お味噌汁やうどん、鍋など、さまざまな料理に使える便利な乾物です。

煮干し(片口イワシ)

商品を使ったレシピもたくさん掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

陶山商店 | 島根県安来市飯島町

SBIグループがご提供する“あなたと地域をつなぎ、地域活性化を応援するメディア”「SBIふるさとだより」に関する最新情報をメールマガジンで配信中です。メールマガジン購読者限定のおトクなキャンペーンもあります!

ぜひご登録ください!


【登録・購読無料】メールマガジンのご登録はこちらから