あなたと地域をつなぎ、地域活性化を応援するメディア

SBI ふるさとだより SBI ふるさとだより

隠岐の島で菓子職人がこだわって作った和菓子パイ「iguri(いぐり)」

全国各地の「おいしいもの」を自宅で手軽に味わえる「お取り寄せ」は、おうち時間の楽しみのひとつになっています。
ですが、お取り寄せ商品にはさまざまなジャンルがあるので、「何を取り寄せよう?」と悩む人も少なくないはず。
それならまずは、届いたらすぐに食べられる「お菓子」から始めてみるといいかもしれません。

今回は、島根県・隠岐の島で和菓子、焼き菓子などを製造・販売する、三共製菓 の土産菓子「iguri」をご紹介します。

あんとおもちをパイ生地で丁寧に包み焼き上げた「iguri」

    f:id:sbi_official:20211209154311p:plain

商品名の「iguri」は、島根県隠岐郡に伝わる凧「隠岐いぐり凧」に由来しています。
いぐり凧の名称は、凧の周囲に10ヶ所のえぐられた耳があり、この“えぐり”が隠岐の方言では訛り、“いぐり”になったと伝えられているそうです。

注文を受けてから製造。手土産にもぴったり

    f:id:sbi_official:20211209154323p:plain

隠岐生まれ隠岐育ちの島を想う菓子職人が、心を込めて練ったあんとおもちをオリジナルのパイ生地でひとつひとつ丁寧に手で包み、真心込めて焼き上げた国産小豆と島の藻塩入り和菓子パイ。
バター風味たっぷりのパイ生地の中には、ローストしたくるみも入っていて食感も楽しめます。そのままでしっとりと食べても、トースターで軽くリベイク(1分以内)して焼き立てパイのさっくり感を味わうのもおすすめ。お好みでどうぞ。

箱の内側にはいぐり凧の説明や隠岐の島の名所のイラストが描かれています。
旅行に行くのはなかなか難しくても、地域のいいものを取り寄せて、旅気分を味わってみてはいかがでしょうか。

三共製菓

SBIグループがご提供する“あなたと地域をつなぎ、地域活性化を応援するメディア”「SBIふるさとだより」に関する最新情報をメールマガジンで配信中です。メールマガジン購読者限定のおトクなキャンペーンもあります!

ぜひご登録ください!


【登録・購読無料】メールマガジンのご登録はこちらから